グリーン住宅ポイント申請手続きとその費用

時系列がおかしくなりますが、ねこほし家、実はようやく引き渡されました。なので「グリーン住宅ポイント」の完了後申請をしたので記事を書いてみます。

グリーン住宅ポイント申請手続きと費用

まず「グリーン住宅ポイント」とはなんぞや?と言う話ですが、簡単に言うと「家を買ったら国交省から貰えるお金のようなもの」と言う感じです。

すま夫
すま夫

えっお金貰えるん?

ねこほし
ねこほし

「お金」ではないけど、商品に交換出来たり、追加の工事する時に現金として使えるようなポイントやで

詳細は公式サイトで

公式のサイトの精度が居ようにもあるように「新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため」とあるので貯めこんでしまえる現金、ではなくポイントでの付与と言うことですね。

詳しくは公式のサイトをご覧頂ければわかりやすいかと思います。

https://greenpt.mlit.go.jp/

対象要件などはこちらでは割愛しますが、要は「新築」「中古」不問で住宅を購入した人は貰える可能性があるので要チェックです!

申請は営業さんに依頼

ポイントをもらうには、まずグリーン住宅ポイント事務局に申請をして、OKが出ればポイント付与→商品交換もしくは追加工事で使用、と言う流れです。

ねこほし家は特に今のところ必要な追加の工事はないので、商品交換の方にすることにしました。

申請手続きは営業さんに代理申請してもらいました。

うちの場合は申請の要件を満たすために「グリーン住宅ポイント対象住宅証明書」と言うものを入手する必要があったので、工務店経由で然るべき機関に依頼をして色々計算し、この証明書を出すよう手続きをしてもらいました。

ねこほし
ねこほし

「一定の省エネ性能を有する住宅」かどうかって言うのを証明せなあかんねんな

タイトルしか映っておりませんが

こんな感じの証明書が発行され、無事申請が出来そうな感じ。

これの発行を依頼してからおよそ10日程で上記証明書が届き、営業さんで揃える必要書類が揃い、こちらが住民票と申請書を営業さんに提出したのがそこから一週間後。

その他「工事請負契約書」や「住民票」「検査済証」などが必要でしたが、私が用意したのは「住民票」と「グリーンポイント発行申請書」のみでした。

申請に必要だった費用

手続きや準備する書類はほぼなかったのですが、その分費用は払いました。

その額80,000円!!内訳は以下です。

  • グリーン住宅ポイント対象住宅証明書:40,000円
  • 不動産業者への申請代行費用:40,000円
ねこほし
ねこほし

高いんか安いんかよぅわからんな

すま夫
すま夫

こんなもん言い値みたいなところあるし従うしかないな

ねこほし
ねこほし

でもそれで300,000万円分のポイントが貰えるならええか

そうです。80,000円払って300,000円ゲット。220,000円プラスになると思うと嬉しいんですが、特に追加の工事の希望がなかったり、欲しい商品がなかったりする場合は無理やり払ってまでもらう必要はないのかもしれませんね。

ちなみに交換できる商品は2021年6月現在、ホームページから検索できるようになっています。随時追加されていくようではありますが、この中に欲しいものがあるかどうかで申請するかしないかを決めてもいいのかなと思います。

問題は「申請=もらえる」ではない

何だか申請が終わってもう貰った気になっていますが、まだ「申請」しただけです。

申請はしたものの、ポイント発行する要件が満たされていないとなるとポイントはもらえません。その場合、勿論支払った80,000円は返ってこないので、ただただ80,000円をドブに捨てたようなものです。

ねこほし
ねこほし

そんな結果には終わりたくないから頑張ってぇ~~~

グリーン住宅ポイント発行申請に掛かった費用と日数

2021.6初旬現在、まだグリーン住宅ポイントの事務局からは何の音沙汰もありません。

まとめ

「ポイント発行出来るよ~」と言う通知を待っている段階ではありますがまとめます。

  • グリーン住宅ポイント「新築」の申請費用は80,000円
  • 不動産業者に申請を代行して2週間ほどで申請完了

「ポイント発行完了~」の連絡を首を長くして待ちたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました